2021/04/13

【どうなるの?自動車事情・・・】

『ひとつになろう🇹🇭WFCAプロジェクト』

みなさん、こんばんは😊

今日は、「自動車」についてです。

以前、アップルカーについてのご紹介もしましたが、

今日は、カーシェアです。

日本経済新聞の記事です。
  ↓  ↓  ↓
========

『カーシェア、マンション住人限定 アースや独ポルシェ』

マンションの住人だけが使えるカーシェアリングサービスが広がっている。

カーシェア大手のアース・カー(東京・千代田)は岡山市で始め、独ポルシェも5月に都内で同様のサービスに乗り出す。

新型コロナウイルス禍により密を避ける移動手段としてカーシェアの需要が高まるなか、住居に密着した利便性を訴える。

アース・カーは3月、岡山市北区の新築賃貸マンションに入居した住人だけが使えるカーシェアサービスを導入した。

月額千円程度で敷地内に置いたトヨタ自動車の小型車「パッソ」を使える。

利用料は2023年3月までは無料とする。

同社がマンションの住人限定のカーシェアを導入するのは初めてで、今後も設置物件を増やす方針だ。

高級車メーカー、ポルシェも5月にも単身者向けマンションの開発・販売を手がけるフィード(東京・港)と組み、サービスを始める。

都内の分譲マンションの入居者がポルシェの新車を月額約2万円で月に24時間まで使える。

「購入することなく新たな選択肢としてポルシェに乗ってほしい」(ポルシェ)という。

オリックス傘下のオリックス自動車(東京・港)はマンションの住人限定のカーシェアを約100カ所で手掛けている。

「マンションの敷地内に(自動車を)置いてほしいという要望が増えている」(オリックス自動車)と話し、自宅からより近くでカーシェアを利用したい需要が高まっている。

引用:2021年4月13日
https://www.nikkei.com/article/DGXZQODZ197N50Z10C21A3000000/
日本経済新聞
========

自家用車から「カーシェア」へ。

未来のお話でしょうか。

一般的に車を所有している人が、
自分の車に乗っている割合は

1日当たり平均すると・・・

約5%程度だそうです。

人や地域によって、程度の差はありますが、

通勤やお出かけを含めても
ほとんど、乗られていないのです。

つまり、

全然っ!

乗ってないってことですね。

では、
車はどこに置いてあるのかというと、

ほとんどの時間、

自宅か職場の駐車場で

眠ってるんです・・・💤💤💤

「だったら、みんなでシェアすればよくない?」

と言うことで、

カーシェアを始める人たちも増えているそうです。

また、少し先ですが、

2030年頃には

「自動運転」や「無人運転」が当たり前の世界になっているそうです。

そうなると、無人タクシーをみんなでシェアするようなイメージなります。

出かけたい時に、無人の車が玄関前にスタンバっていて、

使い終わると、次のシェア先に向かっていく。

使われない時には、郊外のパーキングに戻っていき、

そこで、給油や充電が行われる。

多くの人は、シェアカーに移行していき、

ステータスとして車を購入する人は、
ごくごく一部の人たちになるのではないか。

そんな、未来予測もあるそうです。

「自動運転や無人運転なんて、危ないから怖い!」

そう思いますか?

ミシガン大学の研究によれば、

自動運転の事故はゼロではないですが、

事故の原因が、自動運転車側だったことはない

という研究結果も、すでに出てきています。

そして、何より、

人類の進化の歴史は、非常識な挑戦から始まっていますね。

海の向こうに渡りたい!

馬より早く走りたい!

空を飛んでみたい!

宇宙へ行きたい!

そんな

先人たちの「熱き挑戦」の上に私たちは生きています。

素晴らしいテクノロジーや研究の恩恵を受けていることを忘れることなく、

感謝するとともに、将来に繋いでいくことも大切ですね。

シェアカーとは少々ズレてしまいましたが、

近い未来のイメージを共有してもらう
きっかけになったら嬉しく思います。

本日も、お読みいただきありがとうございました。

前の記事

2021/04/12

次の記事

2021/04/14