2021/04/14

【ビットコイン・・・最高値更新】

『ひとつになろう🇭🇰WFCAプロジェクト』

みなさん、こんばんは😊

今日は、「ビットコイン」のお話です。

ついに、700万円を突破したという記事です。

本日15時のニュースです。
  ↓  ↓  ↓

=========
『仮想通貨ビットコイン、700万円突破
コインベースのナスダック上場に期待か』

ビットコイン(BTC)価格は14日、700万円を突破し、連日の過去最高値の更新を続けている。

米国の大手仮想通貨取引所コインベースのナスダック上場が近づいており(現地時間の14日)、仮想通貨市場の盛り上がりにつながっているようだ。

オンチェーン分析のグラスノードによれば、主要取引所におけるビットコイン先物建玉も、270億ドルを超えて過去最高を記録している。

トレーダーがボラティリティをヘッジするために先物需要が増加している可能性もある。

アルトコインも過去最高値を更新している。

イーサリアムは過去24時間比で8.64%上昇し、2万5700円を超えて取引されている。

XRPは過去24時間で22.8%上昇し、209円で取引されている。

引用:https://jp.cointelegraph.com/news/bitcoin-price-surged-untill-7-million-yen-ahead-of-coinbase-direct-listing?from=bf
COINTELEGRAPH JAPAN
2021年04月14日 / 15:10
=========

そして、記事にもありますように、

アメリカの「コインベース」という取引所が

間もなくナスダックに上場されます。

  ↓  ↓  ↓

=========


『コインベース、14日にナスダック上場へ
暗号資産の歴史に刻まれる1日』

興奮が14日に向けて高まっている。

暗号資産の取引所や資産管理事業を手がける米コインベース(Coinbase)がナスダックに上場する。

ティッカー(証券コード)は「COIN」で、同社の株式が取り引きされる。

重要性を考えてみよう。

・暗号資産業界のユニコーン(企業評価額10億ドル以上の非上場企業)の上場は初めて。

・コインベースの上場によって、暗号資産はさらに「広く一般への普及」が進む。

証券会社のアナリストや株式リサーチャーは、コインベースを調査範囲に含め、暗号資産市場についての情報を収集・分析を行うようになる。

・あらゆる投資家が暗号資産市場の進化に投資することができるようになる。

・市場関係者は、ついに「暗号資産の仕組み」を知り、暗号資産の市場インフラの進化を間近で見ることになる。

上場後の株価がどうなろうと、4月14日は暗号資産業界にとってきわめて重要な1日になる。おそらく暗号資産の歴史に刻まれることになるだろう。

引用:画像引用
https://www.coindeskjapan.com/105414/
2021年 4月 13日 06:00 更新
CoinDesk Japan
=========

コインベース社がナスダックに上場するというニュースは
世界中の暗号資産ホルダーにとっても重要かつ大きなニュースです。

ナスダックに上場するということが

どれほどの意味があるのかは

言葉では表現しづらいのですが、

本当に歴史的な大きな出来事なのです。

そして、それに反応したかのうような
ビットコインの上昇ですね。

いよいよ、ビットコインも700万円台に突入し、
次のステージに上がった感が出てきました。

記事の中でもありましたが、

コインベースは、時価総額が2000億ドルの可能性もあると予測されています。

世界の時価総額ランキング50位以内の数字です。

今回の上場により、
世界中の投資家が暗号資産への投資が可能になりますね。

それは、
さらに、ビットコインの需要を高めることだと予測できます。

世界中の「資産形成」の対象となりつつある

「暗号資産」。

皆さんの周りの反応はいかがでしょうか。

まだまだ、

「危ない。」

「怖い。」

「難しい。」

世界の金融システムは「次のステージ」へ向かっています。

我々も、日本も
「次のステージ」に積極的に目を向けなければならない時期が
近づいているのではないでしょうか。

本日も、お読みいただきありがとうございました。

前の記事

2021/04/13

次の記事

2021/04/15