2021/05/17

【デジタルNFT住宅、50万ドルで売却!?】

『ひとつになろう🇲🇦WFCAプロジェクト』

みなさん、こんばんは😊

本日も「いいね」よろしくお願いします。

今日は

「 NFT」関連のお話です。

仮想空間のデジタル上の住宅が、

破格の金額で売却されました。

『世界初デジタルNFT住宅、50万ドルで売却』

簡単に要約すると・・・

①「マーズハウス」と呼ばれる世界初のデジタルNFT住宅が
50万ドルで売却されました。

288イーサリアムに相当し、
日本円でなんと、約5600万円。

②購入者は、3Dファイルを受け取り、
「メタバース」と呼ばれるインターネット上の仮想世界で、
仮想の土地区画の購入・取引や、デジタル住宅の建設やデジタル会社の設立が行われます。

ファッションやアクセサリーのデジタル資産の市場もあり、デジタルアバターで生活したり、他のユーザーと交流したりできます。

③アート、暗号通貨など、デジタル資産を含めて、
「NFT」というテクノロジーが世界に劇的な変化やアイデアを現実化しつつあり、
将来、ますます世界的なパラダイムシフト(考え方の大転換)を起こすと予想されています。

もう少し詳しく知りたい方はこちらから。
  ↓  ↓  ↓

文章画像引用:CNN.co.jp
https://www.cnn.co.jp/style/arts/35170479.html
2021.05.16 Sun posted at 18:30 JST
=======

今後、ますます「NFT」は分野としても市場としても、
大きな成長を起こすと考えられています。

現在は、
主にデジタル空間上の「NFT」が注目を浴びていますが、

今後は、
実物のリアルな商品に「NFT」を結びつけた、

「モノ」に対しても同じく価値が高まっていくと考えられます。

「NFT」で「モノ」が本物だと証明されることが、スタンダードな時代が近付いています。

我々の『WFCAプロジェクト』では
まさに、
「モノ」に対しての「NFT」管理がメインのプラットフォームの開発を行なっています。

間もなく、「NFT」プラットフォームのご紹介できると思いますので、楽しみにお待ちください。

本日も、お読みいただきありがとうございました。

前の記事

2021/05/16

次の記事

2021/05/18