2021/05/24

【独自に進化する地域通貨・・・】

『ひとつになろう🇱🇨WFCAプロジェクト』

みなさん、こんばんは😊

本日も「いいね」をよろしくお願いします。

今日は

「 地域通貨 」についてのお話です。

💁‍♂️『地域通貨、デジタルで活用多彩に 
         決済や環境・健康促進』

簡単に要約すると・・・

①首都圏を中心にデジタル地域通貨の導入が増えている。
スマホでの非接触が新型コロナウイルス対策になるほか、環境や地域づくりに活用され始めている。

②世田谷区がの商店街振興組合連合会が導入する「せたがやPay」や
埼玉県の深谷市が導入する「ネギー」、神奈川県の厚木市は「アユモ」などを導入させている。

③飲食店や商店街で使用するだけではなく、
それぞれの地域の特色によって恩恵が受けられ、ポイントなどが付与される。
また、ボランティアをしたり、歩いた歩数によってもポイントが付与されるため、健康促進や環境運動の改善にも一役買っている。

もう少し詳しく知りたい方はこちらから。
   ↓  ↓  ↓

文章・画像 引用: 日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOCC18AER0Y1A510C2000000/
2021年5月21日 19:26
=======

様々な、地域で独自の地域通貨が導入され、
地域おこしや、健康促進プログラムなどが始まっていますね。

『WFCAプロジェクト』でも
オリジナルの地域クーポンが導入されています。

・LIAN(九州地区)
・HCT(北海道地区)
・IXA(四国地区)
・TK(中部地区)
・NIC(北日本地区)

各地域で、面白いコンテンツが企画されています。

それぞれの、地域クーポンにつきましては、

また、追って記事などでご紹介させていただきます。

楽しみにしていてください。

本日も、お読みいただきありがとうございました。

前の記事

2021/05/23

次の記事

2021/05/25