2021/07/05

【ディープフェイクで顔認証が可能?!】

『ひとつになろう🇹🇿WFCAプロジェクト』

みなさん、こんばんは😊 

「いいね」も引き続きよろしくお願いします🍀

本日は
「AI」関連についてのお話です。

💁‍♂️『AI作成の偽動画で顔認証突破
成り済まし口座開設可能』

簡単に要約すると・・・

① 人工知能(AI)を使って偽動画を作る「ディープフェイク」の技術を使うと、銀行口座を開設する際のオンライン認証で、本人に成り済まして顔認証を突破できる恐れがあることが3日分かった。
日立製作所の研究グループが論文を人工知能学会で発表した。

②犯罪に悪用される恐れもあり、偽動画を見破るための対策が必要と提案している。

③オンラインの本人確認システムは「eKYC」と呼ばれ、利用者がスマートフォンで撮影した本人の免許証などと一緒に、カメラの前で本人の動画や顔写真を提示する仕組み。
両方が同じなら同一人物と認識する。
非対面で本人確認が可能で、金融機関などで導入が進んでいる。

もう少し詳しく知りたい方はこちらから。

   ↓  ↓  ↓

引用:共同通信社
https://nordot.app/783860492210946048?c=113147194022725109
2021/7/3 10:11 (JST)7/3 10:17 (JST)updated
=======

人工知能(AI)を使った「ディープフェイク」の技術で、
オンラインの本人確認システムで突破できる恐れがあるというお話です。

いわゆる、「なりすまし」ですね。

「ディープフェイク」について、

分かりやすい動画があったので、
ご紹介しますね。

   ↓  ↓  ↓

https://video.mainichi.jp/detail/video/6204627900001

引用:毎日新聞
2020年10月26日公開

「ディープフェイク」 誰の顔でも「乗っ取れる」ーーその情報、大丈夫?

誰の顔でも「乗っ取れる」人工知能を使う動画作成アプリの仕業だ。
「リアルタイムで写真や動画の顔を思い通りの表情にできます」と、開発したベンチャーの吉田一星社長。
トランプ大統領もあのモナリザの絵も、吉田さんが話す表情通りに動かせる。

=======

以前もご紹介しましたが、
ディープフェイクの売り文句は

「誰の顔でも乗っ取れる」です😳

もちろん、

本人認証システムの精度も上がってますし、
見破る技術も日々、進化していると思われます。

日々、生まれる
「素晴らしい技術」の裏では、

その「素晴らしい技術」を超えようとする
「すごい技術」が生まれ、

そして、それを対策するための「技術」が
またまた生まれてきました。

いたちごっこのようなお話ですが、

人類の進化は、このように
とどまることのない、
飽くなき攻防戦の中から研ぎ澄まされ、発展してきました。

進化の過程の中には善悪が共存しているということですね。

改めて、私たちは
正しい判断、収集を意識して過ごす必要があると感じました。

本日も、お読みいただきありがとうございました。