2021/07/12

【吉本興業でもNFT・・・!?】

『ひとつになろう🇬🇹WFCAプロジェクト』

みなさん、こんばんは😊 

「いいね」も引き続きよろしくお願いします🍀

本日は
「NFT」関連についてのお話です。

💁‍♂️『吉本興業、NFTでデジタル資産活用方針へ デビュー当時の漫才動画などが数億円規模で取引も』

簡単に要約すると・・・

①吉本興業がインターネット上の著作物に所有権を付与する新技術「NFT」(Non Fungible Token=非代替性トークン)を使い、同社が保有するデジタル資産を活用する方針を固めた。
11日、関係者が明らかにした。
NFTの利用により、著名タレントがツイッターに投稿した「初めてのつぶやき」やデビュー当時の漫才動画などが数億円規模で取引される可能性がある。

②計画によると、今後、他事業者と連携を進め、単独で流通してきたデジタルトレーディングカードを一つのNFT市場に統合する。
その場でカード売買・交換を行うほか、利用者同士の交流の場も作る方針だ。

③「有名人によるインスタグラムへの初投稿」など、ネット上のコンテンツはコピーや複製が容易で、オリジナルのものであるかどうかを証明することが困難で、売買や譲渡ができなかった。
NFTの活用により、ネット上の著作物に価値が生まれ、希少性が増す。
「1円にもならなかった投稿などが芸術作品へと進化する可能性がある」

もう少し詳しく知りたい方はこちらから。

   ↓  ↓  ↓

引用:スポーツ報知
https://hochi.news/articles/20210711-OHT1T51241.html
2021年7月12日 6時0分
=======

芸能界は、何かと新しいことに足踏みをする傾向もあるようですが、
吉本興業では、積極的に最先端のことへチャレンジしている様子が伺えます。

吉本興業は、今までの「数々の実績」や
動画、映画、ライブ、音楽、著作物など、多くの「コンテンツ資産」を持っているため、
「NFT技術」との相性は抜群だと思われます。

今までの会社の資産と、新しい技術の掛け合わせによって、
より付加価値のあるデジタル資産へと生まれ変わりを図ろうとしています。

さらに、

「1円にもならなかった投稿などが芸術作品へと進化する可能性がある」

とのことです。

会社として、とても素晴らしい挑戦だと感じました。

記事にもあるように、

大物芸人のデビュー当時の漫才動画や、
劇場でしか観覧できなかった貴重なライブ映像などには
数億円規模で取引される可能性が考えられます。

昔のコンテンツを再販売できると言う意味では、
まさに、新しいビジネスモデルの構築ですね。

今日は
ますます、身近な存在になりつつある「NFT」のご紹介でした。

本日も、お読みいただきありがとうございました。

前の記事

2021/07/11

次の記事

2021/07/13