2021/09/01

【ボウリング場から広がる地域活性化!】

『ひとつになろう🇦🇪WFCAプロジェクト』

「いいね」も引き続きよろしくお願いします🍀

🌟判定まで15分!◉検査キットの決定版

「抗原検査キット 」の期間限定販売
・コロナウイルスとインフルエンザが同時に判定できる
・送料無料
・国内最安値

ご購入は・・・BLENDセレクト
https://blends.shop/products/twin-check

皆様こんにちは!

水曜日担当【中部本社】から
お届けさせていただきます!

本日は8月に新たに誕生しました、
DDE中部本社所属のさいたま支社が担当させていただきます。

私、支社長の三木孝二と申します。

さいたま支社は名古屋支社から独立した組織で、
約300名の会員様と共に活動しております。

 ①さいたま岩槻支部(人形の町として有名)
 ②群馬安中支部
 ③東京杉並支部
 ④千葉勝浦支部

さいたま支社は上記4つの支部がございます。

本日は、群馬安中支部長 妻鳥由美子さんの取り組みをご紹介させていただきます。

群馬安中支部では地域活性化の一環として
群馬県内でボウリング場の再建を考えております🎳

しかし群馬県安中市にはボウリング場がないので、
私がこれまでお世話になったパークレーン高崎というボウリング場から再建を始めていきたいと思います。

まずはTKクーポン加盟店になっていただき
WFCクラブ会員を増やして、スマホキャッシュレスの便利さを感じてもらいたいと思います。

そしてWFCクラブ会員の地域活性化ボウリング大会を開催し、
景品としてWFCAをプレゼント!

[ WFC クラブ会員専用レーン ] を作り、
ボウリングをおもいっきり楽しんでもらえたらと計画しています。

昔から頑張って営業してきたボウリング場が活性化できるように、頑張って企画を実現していきたいと思います!

             妻鳥由美子

〜DDE 中部本社〜

※ イベント、告知等の詳細については
 ご自身が所属されている支社及び本社まで
 お問い合わせくださいませ。

=====================

さいたま支社が活動している埼玉県では
エネルギー問題解決の糸口になるような新たな取り組みがなされています。

埼玉県所沢市に
太陽光発電と農業を両立するソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)が完成しました。

発電した電力は地域新電力に売電し、
電力の地産地消を目指すということです。

発電所は遊休地となっていた農地を活用。

パネル出力は989.04kWで、
年間発電量は一般家庭311世帯分に相当する約1119MWhを見込んでいます。

そして1119MWhという数字は
所沢市役所本庁舎の使用電力の約42%に相当し、
これにより年間約500tのCO2排出削減効果が見込まれます。

農地ではブルーベリーおよびワイン用・食用ぶどうを栽培するとのことです。

太陽光パネルと農地を重ねることにより
大幅に敷地を有効活用出来ます。

今回の試みが順調に進めば
日本全国で「パネルと農地の二段ベッド」が見られるようになるかもしれませんね。

前の記事

2021/08/31