2021/2/18

みなさん、こんばんは😊

今日は、少し未来の「お買い物」についてのお話です。
一週間ほど前の新聞記事ですが、無人コンビニについてのニュースが流れていました。
すでに、コンビニ各社でもセルフレジは導入されていますが、商店街に完全無人の店舗がオープンするのは初めてだそうです。
アメリカでも、大手通販会社のアマゾンが「Amazon Go」という完全キャッシュレスの無人店舗のサービスを始めていますが、日本でもいよいよ身近なところにも、無人店舗が導入され始めましたね。

===========

『無人コンビニ 商店街に…大阪、12日オープン』

店員がいないコンビニエンスストア「ヘスタ スマートストア」が12日、大阪市北区の天神橋筋商店街にオープンする。
セルフレジに購入する商品を置くと自動で支払額が算出され、スマートフォンのアプリで決済する。営業時間は午前11時~午後5時で、将来的には24時間に拡大する方針だ。
 無人コンビニは、すでにオフィスや工場の中などで営業しているが、路面店は全国でも珍しいという。

引用元:https://www.yomiuri.co.jp/local/kansai/news/20210212-OYO1T50011/
読売新聞 2021/02/12 06:00

===========

最近は減ってきましたが、無人店舗というと日本では昔から農作物やお花などの無人販売所がお馴染みですね。
海外に比べて、日本は犯罪も少なく、販売者と購入者、そして地域のコミュニティーが絶妙な信用を作り出して無人販売所が成り立っていました。
しかし、コンビニのようなオールマイティーな商品群を取り扱ったり、地域コミュニティーの希薄化が進行している現在では、
さすがに、犯罪の少ない日本とは言えども、クリアーしなければならない課題が多々発生しているようです。

無人店舗はAIや最新技術などを積極的に取り入れながら、人々の暮らしをさらに便利にしていきます。
また、便利なだけではなく、現在のような「コロナ禍」での、非接触の対策としても絶大な役割を見出されています。
withコロナが進む中で、人々の知恵や経験も今後、さらに研ぎ澄まされていくと予測されます。
未来のお買い物は、すぐそこまで近付いていますね😊

明日は、先述した「Amazon Go」について触れたいと思います。

🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀
『WFC BLENDからのお知らせです』



全国でお困りの生産者の皆様を応援するその名も生産者応援企画にて
2021/2/18(木)から販売開始の
近江米『みずかがみ』 5キロ
のご紹介をさせていただきます

【近江米『みずかがみ』 5キロ】https://wfca-p.com/store/wa00002056/

近江米シリーズ 第6弾
滋賀県新ブランド米『みずかがみ』湖の国 近江から美味しいお米を届けます

・炊き上がりが白く、光沢がある。
・ほどよい粘りで、
 かみしめるとまろやかな甘みがある。
・冷めても美味しいので、
 おにぎりやお弁当などにもオススメ。

 環境こだわり農作物
● 農薬や化学肥料の使用量を通常の半分以下に減らして栽培。
● 琵琶湖や周辺の環境に優しい技術で栽培。
● いつ、どんな農薬や化学肥料を使用したか記録。

こちらのお米が
0.06 WFCA + 3,000円(現金)
となっております。
是非お買いお求めください✨

【近江米『みずかがみ』 5キロ】https://wfca-p.com/store/wa00002056/

【WFC BLEND】https://wfca-p.com

前の記事

2021/2/17

次の記事

2021/2/19