2021/06/27

【最高級のダイヤモンドが仮想通貨で・・・】

『ひとつになろう🇩🇰WFCAプロジェクト』

みなさん、こんばんは😊 

「いいね」も引き続きよろしくお願いします🍀

本日は
「ダイヤモンド」関連についてのお話です。

💁‍♂️『10億円超の希少ダイヤ、仮想通貨で落札可能に サザビーズ』

簡単に要約すると・・・

①101.38カラットの最高級ダイヤモンドの希少性も、競売大手サザビーズが受け付ける新たな支払い方法の目新しさにはかなわない。
同社はこのダイヤの落札者に対し、仮想通貨のビットコインとイーサリアムでの支払いを認める予定だ。

②競売にかけられるのは「ザ・キー10138」と名付けられた洋梨型のダイヤモンドで、クラリティーとカラーは無色ダイヤとしてはいずれも最高ランクの「フローレス」と「Dカラー」。
推定価格は1000万~1500万ドル(約11億~17億円)だ。
100カラットを超えるダイヤの公開オークションで、仮想通貨が支払い方法として認められるのは初めて。
サザビーズによると、推定価格がこれほどまでに高い品が仮想通貨で購入可能になったことはこれまでになかった。

③同社グローバル高級品部門のマネジングディレクター、ジョシュ・プランは「ここ1年で、世界の収集家の間で宝石などの高級品に対する人気が非常に高まった。
こうした需要は若いデジタルネイティブ世代で増えており、その多くはアジアの人々だ」と説明している。

もう少し詳しく知りたい方はこちらから。

   ↓  ↓  ↓

引用:Forbes
https://forbesjapan.com/articles/detail/42036/1/1/1
ビジネス 2021/06/25 16:30
=======

最高ランクの10億円超えのダイヤモンドが、仮想通貨を利用したオークションで落札できることになりました。
これまでにない新しい試みであると紹介されています。

また、ダイヤモンドの収集家や購買層にも変化が出ており、
若いデジタルネイティブ世代に人気が高まっているようです。

記事にもありますが、

『101.38カラットの最高級ダイヤモンドの希少性も、競売大手サザビーズが受け付ける新たな支払い方法の目新しさにはかなわない。』

というように、
仮想通貨や暗号資産の決済方法としての役割が非常に注目されているように思います。

これからも、
様々な場面での、決済手段としての仮想通過・暗号資産の役割は
ますます価値を高めていくと思われます。

楽しみな業界ですね。

本日も、お読みいただきありがとうございました。

前の記事

2021/06/26

次の記事

2021/06/28