2021/07/26

【アマゾンでビットコインが使える!?】

『ひとつになろう🇨🇬WFCAプロジェクト』

みなさん、こんばんは😊 

「いいね」も引き続きよろしくお願いします🍀

本日は
「ビットコイン」関連についてのお話です。

💁‍♂️『Amazonが今年中にもビットコイン決済受け入れか=報道』

簡単に要約すると・・・

①米Amazonの匿名の関係者によると、同社が2021年末までにビットコインによる支払い受付を開始するという。
英ロンドンのビジネスメディアシティA.Mが報じた。

②この関係者によると
「単に将来に仮想通貨の支払いソリューションを受け入れるという手続きではなく、Amazonの将来のメカニズムの中でどのように機能するかを議論された上で出された結論だ」と話したという。
Amazonの幹部がすでにビットコインを支払い手段として追加することを望んでおり「指示はトップ(ジェフ・ベゾス氏)から出ている」とし、次のように話した。

「プロジェクト全体はかなり準備が整っている」

Amazonはビットコインの支払いを受け付けるだけでなく、早ければ2022年にも独自仮想通貨の発行を検討しているという。

③Amazonが仮想通貨市場に参入するという憶測は、先週、同社の求人欄に「デジタルカレンシーおよびブロックチェーン・プロダクト・リード」という新たな募集が登場して以来、何日も前から盛り上がっている。
求人情報によると、Amazonのデジタル通貨戦略と製品ロードマップの開発を支援するとしている。

もう少し詳しく知りたい方はこちらから。

   ↓  ↓  ↓

引用:コインテレグラフジャパンhttps://jp.cointelegraph.com/news/amazon-plans-to-accept-bitcoin-payments-this-year-claims-insider
2021年07月26日 / 07:11
=======

まだ、不確定な情報ではありますが、
暗号資産業界の記事では注目のトップ記事に上がっています。

主な内容は・・・

①2021年末までにビットコイン決済を開始

②早ければ2022年にも独自通貨を発行

ビットコインの価格上昇もAmazonのニュースに連動しているのではないかという記事も流れていました。

記事の内容からも、ご理解いただけるように、

「ビットコイン」を始めとした「暗号資産」の取扱が巨大テック企業にとっても
次世代のイノベーションを起こす上で必要不可欠なものになってきています。

既に、暗号資産は

「投資や投機」としての役割は終わったとも言われています。

暗号資産は「投資や投機」ではなく、
流通や決済に活用されていくモノになりつつあるのです。

ブロックチェーンという新しいシステムの裏付けの元、
次のステージへ進化しようとしています。

様々な業界のトレンドがものすごい速さで
変わりつつあります。

みなさんの考えや捉え方も、
必要に応じてアップデートしていってくださいね。

本日も、お読みいただきありがとうございました。

前の記事

2021/07/25

次の記事

2021/07/27